スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
トヨタ流(A3にまとめる)ことの重要性
日経Systemsの2013年5月号の特集が、トヨタ流をシステム開発に活用するというものでした。
トヨタ流については、個人的にいろいろ思うことはあるのですが、
特集にもあった、A3 1枚にまとめることについて、書きます。


1枚で情報を整理することは、極めて重要だと思います。
2枚以上では、一目で情報を把握できません。
また、1枚にまとめようとする過程で、本当に必要な情報は何なのかを考えることができます。
余分な情報があると、1枚に入りませんから。
結果、書き手の頭も整理されます。(少なくとも、自分にとっては必要なことです。)

本か雑誌かで読んだことがあるのですが、
トヨタでは1枚でまとめることを、若いうちから徹底的に訓練するようです。

A3 1枚でまとめることは、読み手に対しても、書き手に対しても有益な手法だと思います。
スポンサーサイト

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

[2013/05/03 20:26] | SE一般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
C# Word VBAにて、Quitの警告が出た時の対処方法
C#でWordを操作するプログラムを作っていると、
以下の警告が出ることがあります。
「メソッド 'Microsoft.Office.Interop.Word._Application.Quit(ref object, ref object, ref object)' とメソッド以外の 'Microsoft.Office.Interop.Word.ApplicationEvents4_Event.Quit' 間があいまいです。メソッド グループを使用しています。」

Word.Application wordApp = new Word.Application();

処理

wordApp.Quit();

とした場合です。
メッセージを読めば、「_Application」と「ApplicationEvents4_Event」でQuitがかぶっているのだろうなとは、検討が付くかもしれません。

直し方は、以下のようにします。
Word.Application wordApp = new Word.Application();

処理

((Word._Application)wordApp).Quit();

Word._Applicationと明示させます。
この直し方を忘れてしまうので、メモとして書いておきました。

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

[2013/02/25 17:38] | Office | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
日経Systems 2013 2月 DevOpsを読んでみて
日経Systems 2013年2月号の特集、「DevOpsに進路を取れ」を読みました。
開発(保守開発含む)を中心にしてきた立場から、感想を書きます。

やはり、「互いの常識を知る」が一番大事、かつ、難しいと個人的には思います。
普通にしていたら、お互いのことを知ろうとする人は少ないと思います。
(自分も含めてですが)

そこで、仕組みが必要になってきます。
が、記事でも書かれていたように、共同会議をすることに不満の声が上がります。
ですので、いきなり共同会議をするのは、危険と思います。

で、「技術交流」を記事でも勧めています。
具体的にどう「技術交流」をするかという問題があります。

最低限、リーダークラスの人は、
お互いのことに興味を持って、何に困っているかぐらいは把握した方がよいのでは?
と思っていたりします。

そこから、お互いのノウハウを持ち寄る「技術交流」が出来るのではないでしょうか。

結局、意識の問題になってしまうのですが、
まず、リーダーが「相手を理解して、自分を理解してもらう」ようにすれば、
多少の問題は改善されるはずです。

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

[2013/02/02 23:18] | SE一般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。