スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
XMLマスタープロフェッショナル アプリケーション #XSLT4
XMLマスタープロフェッショナル アプリケーションのXSLTまとめ4回目。

変数とパラメータ
xsl:variable
・値に変数をバインドする
・どこに書いてもよい

xsl:param
・受け渡されるパラメータにデフォルト値を設定する
・トップレベル、xsl:templateの最初の子要素

共通
$変数名で参照する
・select属性にて、XPathで値を取得する
・トップレベルの場合、xsl:importの後であればどこに書いてもよい
・自分自身を参照できない

グローバル変数
・トップレベル要素で宣言された変数
・スタイルシート全体が有効範囲
・インポート、インクルードしたファイルのトップレベル要素の変数もグローバルになる
・変数名が同じ場合、優先順位の高いファイルが有効
・同じ優先順位でダブりがあるとエラー

ローカル変数
・テンプレート内で宣言された変数
・変数宣言された位置より後の兄弟ノード、または子ノードが有効範囲

名前の重複
・グローバル変数と同じ変数名をテンプレート内のローカル変数につけてもエラーにはならない。
・ローカル変数の有効範囲内の場合、ローカル変数が有効
・混乱するしバグの素なので、絶対に止めた方がよいでしょう

パラメータの受け渡し
xsl:with-paramでテンプレートに値を渡す
関連記事

テーマ:IT資格 - ジャンル:コンピュータ

[2012/11/03 22:58] | XML | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<XMLマスタープロフェッショナル アプリケーション #XSLT5 | ホーム | Windows 8で指マウスを使ってみた>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://gogyosan.blog.fc2.com/tb.php/50-c9a2afc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。