スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
なれる!SE5巻を読んで昔を思い出しました
なれる!SE〈5〉―ステップ・バイ・ステップ?カスタマーエンジニア (電撃文庫)なれる!SE〈5〉―ステップ・バイ・ステップ?カスタマーエンジニア (電撃文庫)
(2011/09/10)
夏海 公司

商品詳細を見る


タイトルにもある通り、今回はカスタマーエンジニアのお話しでした。
急にDNS/DCHPサーバの現地設置作業のための出張を命じられ、しかも福岡、広島、神戸、京都と。
ここまでのは私も経験ありませんが、拠点から拠点へと移動し、作業するのって、
結構しんどいんですよね。

現地へ着いてみると、作業の連絡が行っていなくて拠点の中に入れないは、
資料と現況が異なり、設置場所がないなど。。。
実際、ありえないような気がするのですが、現実にこういうことはあります。
経験したことが何度かあります。

私の場合は、プログラムの更新(インストール)がメインでしたが、
過去を思い出して、今思うと笑い話しになることをまとめました。

■実際に現地作業で起きたこと
・今動いているサーバ一式(モニター・キーボードなど)が床に置かれていた
・先に届いているはずのものが足りなかった。確か、Lanケーブルだったと思います。
・客先にいったタイミングで、全然関係ない他社のシステムが止まった。
 調査して関係ないのは明白でしたが、悪者にされ理解してもらうのが大変でした。
他にもたくさんあったと思いますが、思い出せません。
ですが、資料と現況が異なるのは、当たり前のように起きていました。

また、作業時間を遵守することが場合によっては、大変になります。
当然といえば当然ですが、1分でも予定時間を過ぎると、大事になります。

事前準備通りに行けば楽に終わるものが、現実は準備通りにはなかなか行きません。
社内の検証環境と客先の環境の違い(資料と現況が異なるなどで気づけない)などもありますし。

■一般的かもしれませんが対策
・客先でのリハーサル
 業務に影響のない(少ない)日時に、リハーサルを行う。
 資料と現況が異なる場合、ここで発見できることが多い。
 それでも本番とは違いますが、有効だと思います。
・日時設定
 トラブル発生を想定し、長めに時間を取る。
 そのため、GWや年末年始に作業を行うことも何度かありました。
関連記事
[2012/09/09 16:21] | SE一般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<EPUB3の今後に期待します | ホーム | HTML 5 Conference 2012に参加しました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://gogyosan.blog.fc2.com/tb.php/5-4cb74b4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。