スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
Office 365 外部ユーザーの招待。P1では権限の制約が。。。
昨日に引き続き、Office 365(SharePoint Online)のメモです。
今日は、外部ユーザーの招待の仕方とOffice 365 P1での落とし穴について書きます。

Windows Live IDを持っている人であれば、ライセンスを消費せずにデータ共有が可能になります。
現実的には、パートナー企業を招待して、データ共有する時に便利かもしれません。

1.基本的な設定
単純に、招待するだけであれば、以下の手順でできます。
サイト設定のメニュー

トップレベルのサイト設定

外部ユーザーの招待がアクティブ化されているか確認

サイトの共有をする

共有の設定をする

Office 365 P1でのアクセス権の問題
ただし、Office 365 P1で外部ユーザーに一部のサイトしか見せたくない場合に、問題が発生します。
Team Siteの閲覧者か、Team Siteのメンバーしかグループが選択できません。

閲覧者、メンバーともに、全サイトが見ることが出来てしまいます。

SharePoint Onlineのコミュニティなどを調べましたが、
外部ユーザーの権限設定は、サイトコレクション単位で行うことを前提にしているようです。
かつ、Office 365 P1では、サイトコレクションは1つしか持てません。
つまり、全サイトにアクセスできてしまうことになります。

E1以上では、
Aさん → サイトコレクション1 サイトa(サイトbはアクセス不可)
Bさん → サイトコレクション2 サイトb(サイトaはアクセス不可)
ということができます。

ところが、P1では
Aさん → サイトコレクション1 サイトa(サイトa、サイトb、両方アクセス可)
Bさん → サイトコレクション1 サイトb(サイトa、サイトb、両方アクセス可)
サイトコレクション2が作れないので、全てのサイトを見ることができてしまいます。


E1、E2を採用するか、サイトコレクション単位にテナントを持つしかないのでしょうか?
作業の手間、コスト差を考えると、セキュリティを重視するのであれば、
E1を採用した方がよいとは思います。

中小規模で、案件ごとに顧客やパートナー企業と情報を共有したい時には不便でしょう。
制限があることを理解して使う分には、P1でも良いツールだと思います。
関連記事

テーマ:ツール・ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

[2012/10/05 20:52] | Office 365 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<XMLマスタープロフェッショナル アプリケーション #DOM3 | ホーム | SharePoiint Onlineのドキュメント権限設定方法>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://gogyosan.blog.fc2.com/tb.php/24-551ae4e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。