スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
なれる!SE4巻読みました。
なれる!SE 4 誰でもできる?プロジェクト管理 (電撃文庫 な)なれる!SE 4 誰でもできる?プロジェクト管理 (電撃文庫 な)
(2011/05/10)
夏海 公司

商品詳細を見る


新卒のネットワークエンジニアが、
社長の陰謀により、突然破たんプロジェクトのPMになるお話しです。

しかも、クライアントの引っ越しプロジェクトで、
ファシリティ・LANなど数社が絡み合うプロジェクト。
自分はネットワークは知りませんが、考えるだけで大変そう。

いくつか、読んで思ったことがあります。
①PMBOKで使用するドキュメントについて
プロジェクトマネージメントを全く知らない主人公と上司であるヒロイン。
本やネットでPMBOKを勉強しますが、
PMBOKのほぼ全てのドキュメントを使おうとします。
当然、メンバーからは猛反対。

やはり、ドキュメントの取捨選択は必須。
作品の中では、以下の4種類が挙げられていました。
 ・プロジェクト計画書
 ・WBS
 ・スケジュール
 ・課題管理表

私も同意します。
特に、WBSを作らない・知らないPMの案件で、納品の直前に作業を振られたことが何度かあります。
(内容的には受注後の準備段階で必要だと分かっているはず。)

②相手のタイプに合わせたコミュニケーション
作品の中ではメンバーには、3種類の人がいると言っています。
<サーバ>タイプ
自主的に動く人。基本的に任せる。
<ツール>タイプ
指示されたことを忠実に実行する人。細かなことまで指示を出す。
<クライアント>タイプ
責任感はあるが、PM(会社)に環境を整えることを求める。
要望を聞いて、業務の妨げになる要因をつぶす。

この考え方の、元ネタは分かりませんが、なるほどと思いました。

なお、作者は元SEだそうです。
小説なので多少誇張はされていますが、ありそうな話しが多いです。
関連記事

テーマ:雑記 - ジャンル:コンピュータ

[2012/09/02 15:50] | プロジェクトマネージメント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ファイルが作られたOfficeバージョンの調べ方(2007/2010) | ホーム | Excel2003と2007/2010でファイルのやり取りするとかなりの確率で壊れる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://gogyosan.blog.fc2.com/tb.php/2-88e930e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。