スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
Office 2013の購入計画
Office 2013の発売が、2月7日になりましたね。

プレビュー版を使っての感想
Office 2013 プレビューを入れてみたのですが、
操作性は2010よりも多少改善されていると思います。

あと、ファイルの保存場所のデフォルトが、SkyDriveに変わったことが大きいと思います。
個人利用としては、SkyDriveは確かに便利です。
僕は、メインはデスクトップ、外出時はノーパソですので、
同じファイルをOfficeで開けるのにはメリットを感じます。

まあ、SkyDriveではOffice Web Appでファイルを開くことができるのですが、機能が少なすぎます。
ただ、コストをかけたくないなら、Office Web Appや、Googleドライブを利用し、機能や互換性は我慢するのもありだとは思います。

Office 2010の優待購入
今、買うのでしたら、Office 2010を買った方がオススメです。
なぜかというと、2月6日までにOffice 2010を購入すると、
2010の方が安く、かつ無償で2013へのアップグレードができるからです。

参考までに、1月16日時点のAmazonの価格を比較します。
・Microsoft Office Home and Business 2010 通常版 [ダウンロード]
\25,800
・Microsoft Office Home and Business 2013 [プロダクトキーのみ]
\32,601

2月7日を過ぎて購入すると、2013への無償アップグレードはできなくなるのでご注意ください。
アップグレードの申請手続きは、2013 年 5 月 31 日までに終われば大丈夫です。
スポンサーサイト

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

[2013/01/16 23:59] | Office | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Word VBAの移行(2003から2010)でApplication.FileSearchを書き換える
Wordマクロの2003から2010へのバージョンアップを進めています。
が、当然使えなくなる機能があるわけで。

一つが、Application.FileSearchです。
Office 2007以降、なくなった機能です。

で代わりに、Dirを使って実装しようとしたのですが、
自分でソートを実装しなければならなくなります。

方法1
 配列にファイル名を格納
 その配列を自力でソート

方法2
 ADOのRecordsetにファイル名を格納
 RecordsetのSortプロパティでソート

ちなみに、僕は方法2のADOを使って、実装しました。

FileSearchについてはバグが多いらしく、評判が悪いようです。
でも、同様の機能を持つものは欲しいですね。

Office 2013のVBAは未調査ですが、期待できるのかな?

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

[2013/01/15 18:09] | Office | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。