スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
XMLマスタープロフェッショナル アプリケーション #DOM3
DOMによるドキュメント走査
DOMについてのまとめ。

(1)nodeNameプロパティでタグ名を取得する時に、テキストノードの場合「#text」のような固定文字列になる。
  そのため、テキストノードの値がほしい時は、nodeValueを使う。

(2)文字列は、UTF16でエンコーディングするのがDOMの仕様

(3)NodeのgetAttributesを使って、属性の集合を取り出す時に、属性の順序は保障されない
  順序をプログラムの中で指定するのは、危険。

誤)Attr oneAttr = (Attr)attr.item(2);
  System.out.println("年齢は、" + oneAttr.getValue());
  ※ 3番目の属性が、年齢とは限らない。
正)Attr oneAttr= (Attr) attr.getNamedItem("年齢");
  if(oneAttr != null){
    System.out.println("年齢は、" + oneAttr.getValue());
  }

(4)空白文字の扱い
  DOM Level2では規定なし。Level3では空白はデフォルトで読み込む。
  パーサによって動きが異なるので、パーサの仕様を事前に調べる。


スポンサーサイト

テーマ:IT資格 - ジャンル:コンピュータ

[2012/09/30 17:04] | XML | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
XML マスタープロフェッショナル #DOM2
インターフェースの継承
・DOM Level2 Coreのインターフェースには、継承がある
・ほとんどのプロパティやメソッドは、Nodeを継承している

インターフェース詳細
・ノード間の構造(DOMツリーのカレントからの位置関係)を取得するプロパティ
・DOMツリーのカレント位置の変更や関係するNodeを取得することができる
・ノードの種類により、nodeNameやNodeValue、attributesの値が異なる。
・プログラムでnodeTypeの値判定が必要

Documentインターフェース(Nodeインターフェースを継承)
文書全体 = ルートノード

機能
・ルートノードにアクセスするためのプロパティ提供
documentElementプロパティを使う。
NodeのowerDocumentとどう違うの?同じものを指すような気が。。。
・タグ名を指定し、ノードリストを取得
getElementByTagName、getElementByTagNameNS(名前空間を指定)
Nodeを使ってDOMツリーを辿るより、少ない手数でノードの移動ができる。
・ノードの作成
ノードを作るだけでDOMツリーには追加されない。
ノードの種類(属性、テキストなど)により、使うメソッドが異なる。

Elementインターフェース(Nodeインターフェースを継承)
機能

・属性を設定、取得する
属性は、要素の子ノードではない。Elementに従属。
・指定したタグ名で、要素ノードリストを取得する
getElementByTagName、getElementByTagNameNS(名前空間を指定)
対象Elementの子孫のノードが取得される。

Attrインターフェース(Nodeインターフェースを継承)
機能

・属性名や属性値の操作
name、valueプロパティ
・元の文書に属性が記述されていたかを取得
specifiedプロパティ。DOMパーサで補完された場合はfalse。
・属性のオーナーのElementを取得
ownerElementプロパティ

CharacterDataインターフェース(Nodeインターフェースを継承)
文字データにアクセスする

Textインターフェース(CharacterDataインターフェースを継承)
テキストノードの文字データや、属性値

テーマ:IT資格 - ジャンル:コンピュータ

[2012/09/29 22:27] | XML | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
参加!Microsoft conference 2012 #2 Visual Studio 2012
9/26に参加したMicrosoft conference 2012について、今日も書きます。
今日は、「Visual Studio 2012 概要」についてです。
概要という通り、細かい説明というより、上流(経営層)向けのプレゼンという印象でした。

今のシステム開発が置かれている状況
・モバイルと同じようなものをユーザーは期待する
・ビジネスの速度が加速

環境
・マルチデバイス
・クラウド
・Webサービス

考えないといけないこと
・マルチレイヤー
・マルチサービス

Windows 8アプリ
・テンプレートと言語を指定することで、最低限の実装はされる
・マルチシェアで作ると楽

ライフサイクル管理
以下は、Team foundation serverの内容
・品質を確保した上で、速く作ることが求められている
・アイデアを顧客と共有
・ストーリーボード(要件定義に使うツール)
・レポジトリ(ソース、ドキュメント)の統合管理
・フィードバックの共有
・見える化が大事

感想
Team foundation serverは使ったことないのですが、すごい!
ユーザはモバイルと同じものを期待するとのことですが、同意します。
ユーザ系の企業で一般ユーザと接していると、
(業界の専門知識がある人にとって)従来の専門的な業務ソフトはちと難しいようです。
たくさんメニューがあると、何をどうしたらいいかまったく分からないようですし、
マニュアルを読む時間も読む意欲(忙しすぎるので)もないようです。

細かい仕様は別として、単純な操作については説明がいらないとこちらは思っているような単純なアプリでも、
新しいアプリを使うことは抵抗があります。

スマホ、タブレットで売れている、「操作性の良い」アプリが業務システムでも求められています。
専門的な内容になったときに、簡潔な操作と専門性をどう両立させるかが難しいですね。

UXがキーワードになるのも非常に理解できます。
Visual Studio 2012は、その意味で期待できます。

テーマ:Windows - ジャンル:コンピュータ

[2012/09/28 23:35] | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
参加!Microsoft conference 2012
Microsoft conference 2012に行ってきました。
半日休暇を取ったため、2つのセッションに参加しました。

今日は、Windows Azureについてまとめました。

パブリッククラウドの特徴
・セルフサービス
・伸縮自在
・使用量課金

仮想マシン
Hyper-VからAzureへの移動は可能

クラウドサービス(Paas)
Visual Studioで開発可能
バージョンアップが容易(サイトの切り替えが管理画面で楽に!)

カスタムWebサイト
共有ホスティングに似ているが、インスタンスの設定を動的に変更できるのが違うところ
PHP、Asp.netなどが使用可能

Windows AzureでActive Directory
少ししか触れていませんでしたので、詳細は不明ですが、シングルサインオンもできるようです。

感想
Windows Azureについて知らない私のような人にとっては、よい内容でした。
PHP、Word Pressなど、非Microsoftの環境までサポートしていることは、好印象でした。
2~3年前まで、VB6のシステムを保守していた私には、びっくりです。

テーマ:Windows - ジャンル:コンピュータ

[2012/09/27 23:46] | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
本音が言える!本音ライフログサービス「Arrow」を試しました
Facebookなどのリアルの知り合いと、実名で付き合うSNSでは、本音やマイナスなことを言いにくいと思います。
マイナスなことを書けるSNS「Arrow」というものがあるらしいです。

「Arrow」は、トップページにコンセプトが書かれています。

Arrow(アロー)とは? アローはあなたの日記であり、愚痴であり、そしてあなたの感情の記憶です。



Arrowに登録して試してみました。

2012092601.png 

Facebookでログインしました。
2012092602.png


このような質問がいくつか出てきます。
2012092604.png 

当然といえば当然ですが、Facebookで個人を特定されないように配慮されています。
2012092606.png 

ログインすると、他の人のメッセージが表示されます。
2012092607.png 

自分からも送ることができます。
あえて、愚痴っぽいことを書いてみました。

2012092608.png 

感想

Facebookでは問題となるような会社の愚痴的なことも書けるのはよいと思います。世間の人がどのように考えているのか知りたいと思うこともありますので。ランダムで相手を選んで送信するようです。利害関係のない人の意見を聞くことで、改善案を思いつくかもしれませんね。

 

また、悪質なことを書く人もいるみたいで、アカウント停止やブロックなどの措置も取れるようになっています。本音が言えるとはいっても、TwitterFacebook炎上するようなことは書かないほうがよいのでしょうね。




テーマ:最近気になったニュース - ジャンル:コンピュータ

[2012/09/27 00:57] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ついに来た! Google playで日本語の電子書籍が配信開始!
昨日9月25日より、Google Playで電子書籍が配信開始されました。

日本語のコンテンツも含まれています。
一部、著作権が切れた夏目漱石などの古典文学は無料で読めます。

Windows、Macintosh、Androidに対応し、iOSは対応予定だそうです。

試用
Androidで早速試してみました。
Androidで本を読むには、「Google Play ブックス」というアプリを別途インストールする必要があります。
NTTドコモの「SO-01C」の画面キャプチャーです。

screenshot_2012-09-25_1848.png screenshot_2012-09-25_1849.png

コミックのリーダーアプリの画面
screenshot_2012-09-25_1745.png
価格比較
同じ作品を他の電子書籍サイト、(Garapagos、Kinoppy、Book Walker)と比較してみました。

まだ、Google Playに提供している出版社が少ないので、あくまで現時点での参考とさせてください。
本は、ビジネス書、コミックから選んでみました。

タイトルGoogle Play ブックスGrarapagosKinoppyBook Walker
モチベーション・リーダーシップ667700--
生徒会の一存(コミック版)429-450450

※ 他のサイトではポイントを使えばもう少し安くなります。
(一律に金額が決まらないので、今は考慮していません。)
また、他のサイトでは、金額が異なる可能性があります。
それを差し置いても、日本企業との価格戦略の差は気になります。
(うわさされている、Amazonの件もありますので。)

また、英語で有名なアルクが、 24タイトルリリースしました。
Google Playとは直接の関係はありませんが、
アルクは、今後の新刊は、ほぼ全てEPUBでも販売するようです。
EPUBでは音声、動画も使えるので、英語の学習にとってはよいと思います。

今後のどこまで品揃えができるか注目するつもりです。

テーマ:最近気になったニュース - ジャンル:コンピュータ

[2012/09/26 00:44] | 電子書籍 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Google AppsがIE8のサポート打ち切り!XPも終了間近?
10月26日にIE10が出るため、11月14日でIE8のサポートを打ち切りをするようです。
Windows XPでは、IE9以上はインストールできません。


つまり、Windows XPでは、Google ChromeかFirefoxを使うことになると思います。
GoogleはIE用のプラグインGoogle Chrome Frameの利用を勧めているようです。


Windows XP + IEを使っている企業での場合、
全ユーザーにGoogle Chrome、Firefox、Google Chrome Frameのいずれを導入するにせよ、
大変な負荷がかかると思います。

配信システムを導入するにせよ、ユーザに新しいソフト(ブラウザ)を操作してもらうことは非常にシンドイです。

自分の会社の場合だと数ページのマニュアルを用意しても、それを読むことすらイヤと言われますので。
業務部門にいる社内SEの私(相手20人対1人)ですら、新しいものの教育は骨が折れるので、
大企業の情報システム部門の人にとっては、大変なことだと思います。

こちらの調査によると、2012年8月にやっと、Windows 7のシェアがWindows XPのシェアをわずかに上回ったという状態です。

この状況で、サポートを切ることは影響が大きいとは思いますが、
これもしょうがないことなのでしょうか。

Windows XP、Office 2003のサポート期限も、残り1年半ですので、
本格的に対策を立てないと間に合わないかもしれません。
いよいよ、XPも終了間近のような気がします。



テーマ:ツール・ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

[2012/09/25 00:27] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
XMLマスタープロフェッショナル アプリケーション DOM#1
XMLマスター:プロフェッショナル(アプリケーション開発)という資格を取るつもりです。
基礎編のベーシックは、既に持っているので、今回は難易度が高いと言われるプロフェッショナルを受けます。

勉強したまとめを書きます。

DOM概要
・DOMはIDLで定義されているため、プログラム言語に依存しない。

DOMパーサーの役割
(1)XML文書の読み込み
  メモリ上にDOMツリーを構築
  整形式でない場合は、エラー。
  読み込むと同時に妥当性の検証も可能。
(2)DOMツリーに対する操作
(3)XML文書への反映

DOMの特徴
・プログラミング言語、実行環境に依存しない。
・XML文書の構造を変更できる。
・文書のサイズによっては、メモリ量が大きい。
・アクセス時のオーバーヘッドが大きくなる恐れがある。

DOMについての考察
自分の経験ですが、DOMについて書かせていただきます。
テキスト処理プログラムの変換設定をXMLにして、DOMで実装したことがあります。
仕様の大幅な追加により、XMLが大きくなったときに、急激なパフォーマンスの低下が起こりました。
XMLを数ファイルに分割し、C++のプログラム内でXMLのマッピングを行うようにしたら、問題が解決しました。

Visual Studio 2008以降で開発するのであれば、LINQ to XMLを使うのもよいかもしれません。
LINQ to XMLは、DOM + XPathに対しパフォーマンス面で以下の利点があるとMSDNのサイトで書かれています。

XmlDocument に対し、LINQ to XML で最も重要なパフォーマンスの利点の 1 つは、XPath のクエリは実行時に解釈する必要がある一方で LINQ to XML のクエリは静的にコンパイルされるという点です。



あくまで、ベンダーニュートラルな試験と言っているので、LINQ to XMLは出ませんが、
Visual Studio 2008以降の開発では、候補の一つだと思います。

テーマ:IT資格 - ジャンル:コンピュータ

[2012/09/23 23:33] | XML | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
日経Systems10月号を読みました。
定期購読している日経Systems 10月号が届きました。
特集の「助け合いを生む プロジェクト情報基盤」が良かったです。

プロジェクト情報基盤の役割
(1)タスク管理
(2)情報共有

RedmineTracで構築可能。

タスク(作業内容、進捗、担当者など)管理と、情報共有(作業手順書や案件ごとの注意事項)ができるので、
メンバー同士で助け合える。

ただ、導入するだけでは効果はない。
登録・更新や情報を見てもらう仕組みが必要。

続きを読む

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

[2012/09/22 22:42] | プロジェクトマネージメント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Officeファイル検証機能で問題が出たファイルの修復#2

前回に引き続き、Office検証機能で問題が発見された時の復旧方法を書きます。今回は、問題の内容確認と修正方法についてがテーマです。

 バイナリエディタで、Officeファイルを開いて修正します。かなり、分かりにくくリスクが高いです。どうしても問題を解決したい時の最終手段だといえます。

続きを読む

テーマ:トラブル - ジャンル:コンピュータ

[2012/09/21 18:24] | Office | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Officeファイル検証機能で問題が出たファイルの修復#1
いろいろな人とファイルをやり取りしていると、Officeファイルを開く時に、以下のメッセージが出ることがあります。
Officeファイル検証

このメッセージは、バイナリ ファイルのオープン仕様という仕様に従っていない時に出るようです。基本的に、このメッセージが出たら、セキュリティの問題があるので、開かないのが原則です。ただし、自分で編集したファイルやマクロやプログラムで変更しても、メッセージが出ることがあります。

「開く」をクリックすれば特に問題なく開くことはできます。ただし、Officeファイルを納品するなど人に渡す時は、メッセージが出ない方がよいです。もちろん、セキュリティの問題を解消した上でですが。

その対処方法をまとめてみました。
Microsoftのサイトを参考にしています。

かなり複雑で、コンピュータの基礎的な知識も要求されます。
また、英語のサイトを読んで、対策を立てなければなりません。
リスクが高い作業ですので、最終手段とお考えください。


複雑なので2回に分けて記載します。
まずは、BFFValidatorというOfficeファイルの検証ソフトをインストールする必要があります。
今回は、インストールまでを書きます。
続きを読む

テーマ:トラブル - ジャンル:コンピュータ

[2012/09/21 00:33] | Office | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ITMedia Virtual EXPO 2012 #2
昨日は、ウェブキャスト(講演・座談会)を取り上げたので、今日は資料について書きます。
ウェブキャストよりも資料が充実してました。

日本IBMが提供していたテキストマイニングについてまとめました。
続きを読む
[2012/09/20 00:26] | 勉強会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ITMedia Virtual EXPO 2012 #1
ネット上のイベント、ITMedia Virtual EXPO 2012(2012年09月11日~2012年9月28日)を申し込み、視聴しています。
今日は、「デベロッパーゾーン」の「IT業界は刻の涙を見るのか」というコーナーについて書きます。

続きを読む

テーマ:最近気になったニュース - ジャンル:コンピュータ

[2012/09/19 00:30] | 勉強会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
EPUB3の今後に期待します
InDesign CS6で作るEPUB 3 標準ガイドブックInDesign CS6で作るEPUB 3 標準ガイドブック
(2012/07/03)
森 裕司、境 祐司 他

商品詳細を見る


EPUBに興味があったので、入門用としてこの本を読みました。

■EPUB3、及びこの本の全体的な感想
・EPUB3はHTML5ベースなので、縦書きや動画、音声などが使用でき、表現の幅が広がりそうだ。
 特に、動画や音声が使用できるのは、語学やスポーツなどの本で有効そうですね。
・2012年5月現在、EPUB3のオーサリングツールが充実していない。
 2011年10月にEPUB3.0が正式決定された為か、まだオーサリングツールが少ないようだ。
 DTPの人が使うにはAdobe InDesign CS6、趣味では、一太郎 2012 承、Pages(EPUB3は未対応)あたりでしょうか。

■現状、問題だと思うこと
・対応リーダーが少ない
 iBookskobo Touchなどの一部でしか扱えないようです。
・オーサリングツールの制限
 InDesignだけで完結しないケースもあり、HTML、CSSを直接直さないといけない場合のあるようです。
 プログラマーの人にはあまり問題はありませんが、知り合いのDTPの人のお話しではソースを直接直すのは抵抗があるとのことです。
 また、EPUBはZipで圧縮されていて、解凍するとXMLが出来るので、XMLも知らないといけません。

■結論
リーダーやオーサリングツールが充実してくれば、かなり面白いと思います。
現状、Epubやxmdf、.bookなどが乱立していますが、
今メインで使っているSharp Garapagosでは、やはりxmdfは強いが、.bookが弱いなどあります。

コンテンツの充実の方が大きな問題だと思いますが、
今後の動向に注目しています。

テーマ:DTP - ジャンル:コンピュータ

[2012/09/16 17:31] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
なれる!SE5巻を読んで昔を思い出しました
なれる!SE〈5〉―ステップ・バイ・ステップ?カスタマーエンジニア (電撃文庫)なれる!SE〈5〉―ステップ・バイ・ステップ?カスタマーエンジニア (電撃文庫)
(2011/09/10)
夏海 公司

商品詳細を見る


タイトルにもある通り、今回はカスタマーエンジニアのお話しでした。
急にDNS/DCHPサーバの現地設置作業のための出張を命じられ、しかも福岡、広島、神戸、京都と。
ここまでのは私も経験ありませんが、拠点から拠点へと移動し、作業するのって、
結構しんどいんですよね。

現地へ着いてみると、作業の連絡が行っていなくて拠点の中に入れないは、
資料と現況が異なり、設置場所がないなど。。。
実際、ありえないような気がするのですが、現実にこういうことはあります。
経験したことが何度かあります。

私の場合は、プログラムの更新(インストール)がメインでしたが、
過去を思い出して、今思うと笑い話しになることをまとめました。

■実際に現地作業で起きたこと
・今動いているサーバ一式(モニター・キーボードなど)が床に置かれていた
・先に届いているはずのものが足りなかった。確か、Lanケーブルだったと思います。
・客先にいったタイミングで、全然関係ない他社のシステムが止まった。
 調査して関係ないのは明白でしたが、悪者にされ理解してもらうのが大変でした。
他にもたくさんあったと思いますが、思い出せません。
ですが、資料と現況が異なるのは、当たり前のように起きていました。

また、作業時間を遵守することが場合によっては、大変になります。
当然といえば当然ですが、1分でも予定時間を過ぎると、大事になります。

事前準備通りに行けば楽に終わるものが、現実は準備通りにはなかなか行きません。
社内の検証環境と客先の環境の違い(資料と現況が異なるなどで気づけない)などもありますし。

■一般的かもしれませんが対策
・客先でのリハーサル
 業務に影響のない(少ない)日時に、リハーサルを行う。
 資料と現況が異なる場合、ここで発見できることが多い。
 それでも本番とは違いますが、有効だと思います。
・日時設定
 トラブル発生を想定し、長めに時間を取る。
 そのため、GWや年末年始に作業を行うことも何度かありました。
[2012/09/09 16:21] | SE一般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
HTML 5 Conference 2012に参加しました
9/8(土)に行われたHTML 5 Conference 2012に参加してきました。
申し込んだのが2日前でしたが、運よく一部のセッションが予約できました。

Webの開発はもう数年もあまりしていないのですが、
最近HTML 5に関心を持っているので行ってきました。

■全体的に
・思ったよりも多くの人が参加していて、盛り上がっていました。
・無線LANが設置してあるとはいったけど、つながりませんでした。
 iPadからアクセスポイントまではつながったけど、ネットに接続できず、
 iPadのローカルでメモをとり、帰宅してからiCloudにUPしました。

■セッションの感想
(1)HTML5とIE10とWindows 8
・初めて、(記事でない)実物のWindows 8の画面を見たのですが、Modern UI Style(旧Metro)がかっこいい!
 今までのWindowsとの違いっぷりに、最初はとまどいそうですな。
・IE10ではプラグインは廃止になるようです。
 (また、FlushはOSに組み込まれるようです。)

(2)HTML5時代のWebデザイン
・デザイナーの人のお話しを聞いたのは初めてなので、新鮮でした。
・見やすさ/使いやすさと性能が大切なんですね。

また、同じようなイベントがあれば、参加しようと思います。

テーマ:インターネット - ジャンル:コンピュータ

[2012/09/09 15:25] | 勉強会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ファイルが作られたOfficeバージョンの調べ方(2007/2010)
Office 2007/2010の互換性は、ほぼ問題ないですが、
当然、2010でしか使えないSmartArtが入ったファイルを2007で開くとSmartArtとしては使えません。
2007では、画像になってしまいます。2007で上書き保存し、再度2010でファイルを開くと、
SmartArtは画像になったままになってしまいます。(当然、SmartArtの更新はできなくなります。)

編集できたSmartArtが編集できなくなってしまうとまずい場合、
以下の方法でファイルが作られた・更新されたバージョンを調べることができます。

①元のファイルをコピーし、拡張子を「.zip」に変更する
②①のZipファイルを解凍する
③解凍したフォルダ内の「docProps\app.xml」をテキストエディタなどで開く
タグに、Officeのバージョンが入っている
12 - Office 2007
14 - Office 2010


※ MACでは試していませんので、この方法が使えるか分かりません。
続きを読む
[2012/09/04 18:30] | Office | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
なれる!SE4巻読みました。
なれる!SE 4 誰でもできる?プロジェクト管理 (電撃文庫 な)なれる!SE 4 誰でもできる?プロジェクト管理 (電撃文庫 な)
(2011/05/10)
夏海 公司

商品詳細を見る


新卒のネットワークエンジニアが、
社長の陰謀により、突然破たんプロジェクトのPMになるお話しです。

しかも、クライアントの引っ越しプロジェクトで、
ファシリティ・LANなど数社が絡み合うプロジェクト。
自分はネットワークは知りませんが、考えるだけで大変そう。

いくつか、読んで思ったことがあります。
①PMBOKで使用するドキュメントについて
プロジェクトマネージメントを全く知らない主人公と上司であるヒロイン。
本やネットでPMBOKを勉強しますが、
PMBOKのほぼ全てのドキュメントを使おうとします。
当然、メンバーからは猛反対。

やはり、ドキュメントの取捨選択は必須。
作品の中では、以下の4種類が挙げられていました。
 ・プロジェクト計画書
 ・WBS
 ・スケジュール
 ・課題管理表

私も同意します。
特に、WBSを作らない・知らないPMの案件で、納品の直前に作業を振られたことが何度かあります。
(内容的には受注後の準備段階で必要だと分かっているはず。)

②相手のタイプに合わせたコミュニケーション
作品の中ではメンバーには、3種類の人がいると言っています。
<サーバ>タイプ
自主的に動く人。基本的に任せる。
<ツール>タイプ
指示されたことを忠実に実行する人。細かなことまで指示を出す。
<クライアント>タイプ
責任感はあるが、PM(会社)に環境を整えることを求める。
要望を聞いて、業務の妨げになる要因をつぶす。

この考え方の、元ネタは分かりませんが、なるほどと思いました。

なお、作者は元SEだそうです。
小説なので多少誇張はされていますが、ありそうな話しが多いです。

テーマ:雑記 - ジャンル:コンピュータ

[2012/09/02 15:50] | プロジェクトマネージメント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。