スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
第7回HTML5勉強会に参加!
第7回HTML5勉強会という勉強会に参加しました。
初めて参加しましたが、100人ぐらい参加されていたと思います。
2つのセクションについて面白かったので書きます。

1.AndroidでHTML5、CSSを使う時に気をつけること
・バージョン
・端末の細分化

つまり、環境によって見え方が違う(CSSの解釈の違いなど)
・onClick、onTouchは遅い
・4.0.4でiframeが使えない
・描画速度がスマホは遅い

感想
AndroidでHTML5はまだ大変そうですね。
現時点では、ネイティブアプリの方が良いのですかね?


2.Javascriptについて(タイトルがうまくメモれませんでした。)
・罠が多い
・出来るだけコードを書かずに、物を作りたい

だから、CoffeeScriptでいいんじゃない?
・簡潔にかける(インデントベースなど)
・Javsscriptで苦しむんでしたら、CoffeeScriptを覚えた方がよいのでは?

感想
エンジニアとしては、新しい技術を習得して、楽に(工数=コスト少なく)できればよいのでは、
とのご意見には、共感できました。
エンジニアであれば、MUSTの姿勢であるのでしょうね。

ただ、エンドユーザーと日々接している身としては、
エンジニアがアンテナを張って、得たスキルを活用して、
エンドユーザーと少ない負担で利用することができるのが理想かと。

そうはいっても、きちんと(分かりやすく)設計されたアプリは、
最低限使ってほしいのは本音ではあります。
そのあたりのジレンマをどう解消するかがテーマですね。
スポンサーサイト

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

[2012/10/17 00:51] | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
参加!Microsoft conference 2012 #2 Visual Studio 2012
9/26に参加したMicrosoft conference 2012について、今日も書きます。
今日は、「Visual Studio 2012 概要」についてです。
概要という通り、細かい説明というより、上流(経営層)向けのプレゼンという印象でした。

今のシステム開発が置かれている状況
・モバイルと同じようなものをユーザーは期待する
・ビジネスの速度が加速

環境
・マルチデバイス
・クラウド
・Webサービス

考えないといけないこと
・マルチレイヤー
・マルチサービス

Windows 8アプリ
・テンプレートと言語を指定することで、最低限の実装はされる
・マルチシェアで作ると楽

ライフサイクル管理
以下は、Team foundation serverの内容
・品質を確保した上で、速く作ることが求められている
・アイデアを顧客と共有
・ストーリーボード(要件定義に使うツール)
・レポジトリ(ソース、ドキュメント)の統合管理
・フィードバックの共有
・見える化が大事

感想
Team foundation serverは使ったことないのですが、すごい!
ユーザはモバイルと同じものを期待するとのことですが、同意します。
ユーザ系の企業で一般ユーザと接していると、
(業界の専門知識がある人にとって)従来の専門的な業務ソフトはちと難しいようです。
たくさんメニューがあると、何をどうしたらいいかまったく分からないようですし、
マニュアルを読む時間も読む意欲(忙しすぎるので)もないようです。

細かい仕様は別として、単純な操作については説明がいらないとこちらは思っているような単純なアプリでも、
新しいアプリを使うことは抵抗があります。

スマホ、タブレットで売れている、「操作性の良い」アプリが業務システムでも求められています。
専門的な内容になったときに、簡潔な操作と専門性をどう両立させるかが難しいですね。

UXがキーワードになるのも非常に理解できます。
Visual Studio 2012は、その意味で期待できます。

テーマ:Windows - ジャンル:コンピュータ

[2012/09/28 23:35] | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
参加!Microsoft conference 2012
Microsoft conference 2012に行ってきました。
半日休暇を取ったため、2つのセッションに参加しました。

今日は、Windows Azureについてまとめました。

パブリッククラウドの特徴
・セルフサービス
・伸縮自在
・使用量課金

仮想マシン
Hyper-VからAzureへの移動は可能

クラウドサービス(Paas)
Visual Studioで開発可能
バージョンアップが容易(サイトの切り替えが管理画面で楽に!)

カスタムWebサイト
共有ホスティングに似ているが、インスタンスの設定を動的に変更できるのが違うところ
PHP、Asp.netなどが使用可能

Windows AzureでActive Directory
少ししか触れていませんでしたので、詳細は不明ですが、シングルサインオンもできるようです。

感想
Windows Azureについて知らない私のような人にとっては、よい内容でした。
PHP、Word Pressなど、非Microsoftの環境までサポートしていることは、好印象でした。
2~3年前まで、VB6のシステムを保守していた私には、びっくりです。

テーマ:Windows - ジャンル:コンピュータ

[2012/09/27 23:46] | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。