スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
電子書籍サイト感想。
10/25にAmazonが、「Kindleストア」をオープンすると発表し、
10/26未明にストアがオープンしました。
日本語書籍は、5万冊あるようです。(そのうち、1万ほどは青空文庫ですが。)

Kindleストアは夜にでも触ってみることにして、
自分が普段使っているストアの感想について書きたいと思います。
※ 何かの基準にしたがって評価しているわけではありません。単純な感想です。

・Garapagosストア
 XMDFのビューアが気に入っています。さくさく動きますし、しおりや辞書が使えることも大きいです。
 レーベルによっては、他サイトよりも配信が3週間ぐらい遅れるものもあるのが個人的には残念です。
 シリーズものだと続きを早くよみたいんですね。
 あとは、.Bookがもう少しまともに読めるようになるとよいです。

・BookWalker
 他サイトには配信されていない本があるのが使う理由です。特に、角川グループ内の本。
 また、最近ですが、第1巻250円キャンペーンや、キャッシュバックキャンペーンなどをされていて、それも好印象です。
 残念なことは、点数が少なすぎです。
 コミックなどの決まったものを買うのでしたら困りませんが、いろいろなジャンルの本を買いたいとなると不便でしょうね。

・Kinoppy
 あまり使っていませんが、ビューアアプリのデキはかなり良いです。
 個人的には、iPadで読みたい本を読むことに使っています。

・Google Play Books
 オープンされてから、1ヶ月ぐらい経ちますが、本は増えているんでしょうか?
 コンピュータ書籍がわりと多いのが、よいと思っています。
 まだ、1ヶ月なので様子見ですかね。

Kindle Fire HDをもしかしたら買うかもしれませんが、
これだけのサイトを使っているとわけが分からなくなりそうです。

そろそろ、ユーザー数を集められないサイトは淘汰されるのでしょうかね?
そうなったら、Rabooみたいなことが起きることはほぼ間違いないのでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ:ツール・ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

[2012/10/25 07:22] | 電子書籍 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
オライリー電子書籍
オライリーの電子書籍サービス(EBOOK)に登録してみました。

オライリーでよいと思ったところは、DRMフリーなので、自由にファイルを扱えます。
ファイル形式は、PDF/EPUBということですが、
2012年10月9日現在、大半の電子書籍がPDFだけでしか提供されていません。

発行月が2012/01からEPUBの提供がされ始めたので、
Adobe InDesign CS6などの新しいDTPソフトで制作したものだと思います。

個人的には、メインで読書する端末が5.5インチなので、PDFでは読むのに少し厳しいです。
EPUBの本が増えつつあるようですので、今後点数が増加することを期待します。

オライリーの電子書籍一覧(一部)
クリックで拡大

オライリーの本は分厚いものが多いので、電子書籍化することは非常にありがたいです。
技術書としては検索できることは必須だと思います。
紙の本を自炊してOCRで読むといってもOCRの精度はまだまだですので。
[2012/10/10 00:12] | 電子書籍 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ついに来た! Google playで日本語の電子書籍が配信開始!
昨日9月25日より、Google Playで電子書籍が配信開始されました。

日本語のコンテンツも含まれています。
一部、著作権が切れた夏目漱石などの古典文学は無料で読めます。

Windows、Macintosh、Androidに対応し、iOSは対応予定だそうです。

試用
Androidで早速試してみました。
Androidで本を読むには、「Google Play ブックス」というアプリを別途インストールする必要があります。
NTTドコモの「SO-01C」の画面キャプチャーです。

screenshot_2012-09-25_1848.png screenshot_2012-09-25_1849.png

コミックのリーダーアプリの画面
screenshot_2012-09-25_1745.png
価格比較
同じ作品を他の電子書籍サイト、(Garapagos、Kinoppy、Book Walker)と比較してみました。

まだ、Google Playに提供している出版社が少ないので、あくまで現時点での参考とさせてください。
本は、ビジネス書、コミックから選んでみました。

タイトルGoogle Play ブックスGrarapagosKinoppyBook Walker
モチベーション・リーダーシップ667700--
生徒会の一存(コミック版)429-450450

※ 他のサイトではポイントを使えばもう少し安くなります。
(一律に金額が決まらないので、今は考慮していません。)
また、他のサイトでは、金額が異なる可能性があります。
それを差し置いても、日本企業との価格戦略の差は気になります。
(うわさされている、Amazonの件もありますので。)

また、英語で有名なアルクが、 24タイトルリリースしました。
Google Playとは直接の関係はありませんが、
アルクは、今後の新刊は、ほぼ全てEPUBでも販売するようです。
EPUBでは音声、動画も使えるので、英語の学習にとってはよいと思います。

今後のどこまで品揃えができるか注目するつもりです。

テーマ:最近気になったニュース - ジャンル:コンピュータ

[2012/09/26 00:44] | 電子書籍 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。