スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
C# Word VBAにて、Quitの警告が出た時の対処方法
C#でWordを操作するプログラムを作っていると、
以下の警告が出ることがあります。
「メソッド 'Microsoft.Office.Interop.Word._Application.Quit(ref object, ref object, ref object)' とメソッド以外の 'Microsoft.Office.Interop.Word.ApplicationEvents4_Event.Quit' 間があいまいです。メソッド グループを使用しています。」

Word.Application wordApp = new Word.Application();

処理

wordApp.Quit();

とした場合です。
メッセージを読めば、「_Application」と「ApplicationEvents4_Event」でQuitがかぶっているのだろうなとは、検討が付くかもしれません。

直し方は、以下のようにします。
Word.Application wordApp = new Word.Application();

処理

((Word._Application)wordApp).Quit();

Word._Applicationと明示させます。
この直し方を忘れてしまうので、メモとして書いておきました。
スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

[2013/02/25 17:38] | Office | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Office 2013の購入計画
Office 2013の発売が、2月7日になりましたね。

プレビュー版を使っての感想
Office 2013 プレビューを入れてみたのですが、
操作性は2010よりも多少改善されていると思います。

あと、ファイルの保存場所のデフォルトが、SkyDriveに変わったことが大きいと思います。
個人利用としては、SkyDriveは確かに便利です。
僕は、メインはデスクトップ、外出時はノーパソですので、
同じファイルをOfficeで開けるのにはメリットを感じます。

まあ、SkyDriveではOffice Web Appでファイルを開くことができるのですが、機能が少なすぎます。
ただ、コストをかけたくないなら、Office Web Appや、Googleドライブを利用し、機能や互換性は我慢するのもありだとは思います。

Office 2010の優待購入
今、買うのでしたら、Office 2010を買った方がオススメです。
なぜかというと、2月6日までにOffice 2010を購入すると、
2010の方が安く、かつ無償で2013へのアップグレードができるからです。

参考までに、1月16日時点のAmazonの価格を比較します。
・Microsoft Office Home and Business 2010 通常版 [ダウンロード]
\25,800
・Microsoft Office Home and Business 2013 [プロダクトキーのみ]
\32,601

2月7日を過ぎて購入すると、2013への無償アップグレードはできなくなるのでご注意ください。
アップグレードの申請手続きは、2013 年 5 月 31 日までに終われば大丈夫です。

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

[2013/01/16 23:59] | Office | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Word VBAの移行(2003から2010)でApplication.FileSearchを書き換える
Wordマクロの2003から2010へのバージョンアップを進めています。
が、当然使えなくなる機能があるわけで。

一つが、Application.FileSearchです。
Office 2007以降、なくなった機能です。

で代わりに、Dirを使って実装しようとしたのですが、
自分でソートを実装しなければならなくなります。

方法1
 配列にファイル名を格納
 その配列を自力でソート

方法2
 ADOのRecordsetにファイル名を格納
 RecordsetのSortプロパティでソート

ちなみに、僕は方法2のADOを使って、実装しました。

FileSearchについてはバグが多いらしく、評判が悪いようです。
でも、同様の機能を持つものは欲しいですね。

Office 2013のVBAは未調査ですが、期待できるのかな?

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

[2013/01/15 18:09] | Office | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Excel2010のコメントをExcel2003で開くと異常終了することがある!?
Excel 2003と2010の互換性の問題で、また新たな問題を発見しました。

Excel 2010でコメントを入れたファイルを、Excel 2003で開いて作業すると、
ファイルの保存時やコメントの近くにカーソルを当てた時に異常終了することがあります。
(パターンは絞り込めていませんが、全部ではありません。)

おそらく、コメント内のなんらかの書式が原因になっているのではないかと思います。
コメントのテキストを別ファイルにコピペすると、別ファイルが異常終了するようになるので。

コメントの数が少ないのであれば、以下の方法で対処できます。
①コメントの文字列をコピー
②メモ帳などのテキストエディタへペースト
③テキストエディタから①の文字列を再度コピー
④コメントをいったん削除して、新しく作る
⑤コメントにペースト

コメントが多いようでしたら、上記の手順を行うマクロを作るのがよいかと。

後1年ちょっとで、Excel 2003のサポート期限が切れるので、早めにバージョンアップした方がよいとは思いますが、現実的にはまだまだExcel 2003は使われていることが悩ましいです。

テーマ:トラブル - ジャンル:コンピュータ

[2012/12/14 19:29] | Office | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Officeのパスワード紛失について思ったこと
最近、パスワードを紛失してOfficeファイルが開けなくなったというインシデントがよく起こっています。

運よく、パスワードをかける前のファイルが見つかったりして、実害はなかったのですが、試しにパスワード解除するアプリを作ってみました。

やはり、単純に総当りを使うと、なかなか終りません。
3桁の処理でも一晩ぐらいかかりそうです。

コスト面を考えると、1万円以上はしますが、海外の某製品のようなパスワード復旧ソフトを買った方がよいのでしょうね。

あとは、パスワードの紛失も簡単にできると思われるようなので、
誤解を解く(パスワードに対する啓蒙含む)ことが必要になっていますね。

きちんとした(英数字、記号混合で10桁)パスワードを使っていれば、
現状は安全ですが、入力ミスなどで紛失するとやっかいですね。

あまりまとまっていませんが、
(1)入力ミスに気をつける(パスワードを別ファイルに保存し、そこからコピペするなど)
(2)パスワード管理ファイルを対象ファイルと同じフォルダに置くことは避ける
  パスワードとファイルの関連が他人に気付かれにくければよいと思います。

テーマ:トラブル - ジャンル:コンピュータ

[2012/12/12 23:33] | Office | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。